名古屋で行うチャペルウェディング

名古屋で結婚披露宴を挙げたいと思っている場合、大きく分けると和式と洋式のふたつの種類から選択することになります。
もしも洋式で行うとなれば教会での挙式となり、神に結婚の誓いをたてることになります。和式であれば、新婦は白無垢、新郎は袴スタイルで参列することになりますが、洋式となれば新婦はウェディングドレス、新郎はタキシードを着用することになります。
教会は、普段から信者の人たちが集まるような一般的な教会もあるのですが、結婚式のための施設として作られた教会もあります。和式の結婚式では、親族だけが参加するというのが一般的ですが、洋式となれば招待客が座る場所が広いことが多いので、お友達にも入ってもらうことができます。しかし、人数に合わなければ不自然にもなってしまうので、人数に合わせたチャペル選びも必要になります。

神聖な教会を利用する

名古屋エリアにもたくさんのチャペルがありますが、教会として信仰を深めている人たちも集まる場所となればたくさんのマナーが必要になってきます。キリスト教ではないという二人であっても教会で結婚式を行うことはできますが、そこには教会ならではのしきたりもあるので事前にチェックしておく必要があります。
教会での結婚式を行う二人は、無垢な状態であることが望まれることになるので、すでに子供がいるという夫婦が出産や子育てが落ち着いた時点で結婚式を行おうというケースでは、利用を断られることがあります。また、二人ですでに暮らし始めているというケースでも断られることがありますが、それは教会の方針によっても違ってきます。間違いのないように事前に聞いておくことは欠かせません。

施設内の教会を利用する

チャペルウェディングは、教会に限らず結婚式だけのために作られている教会もあります。結婚披露宴を専門に行っている冠婚葬祭会館であれば庭先など敷地内であったり、ホテルウェディングではホテルの上の方の階や屋上にも設備が整っていることがあります。柔軟に対応してもらうことができるので、子供さんがいるという二人でも安心して利用ができます。
披露宴会場もその建物や敷地内に備わっていることになるというのもメリットであり、小さな子供さんを連れた親戚のファミリーであったり、足腰が悪いおじいちゃんおばあちゃんが挙式後の移動するにも不自由をさせません。挙式会場と披露宴会場が離れていれば、着替えや荷物を運ぶことになりますが、その施設のクロークに預けておけばいいので、招待客にとっても利便性が良く喜ばれます。